筋トレすると水に浮かなくなる?ボディービルダーは水に浮かない!?。

「筋トレすると夏に海で泳げなくなるからやらない」

という人がいました。

理由を尋ねると、

「筋肉が重くて沈んでいくから」

といわれました。

はい。 ウソです。

ご安心下さい。

筋トレしても、水に浮きます。
いわゆる”カナズチ”にはなりません。

しかし、ボディビルダーの方々は確かに水に浮きにくいことはあります。

その理由は体脂肪率にあります。

ボディビルダーの方々は大会に出場する時には5%を目標に絞ってきます。

10%を超えることはまずありません。

凄い方だと2%ぐらいで、目を疑う数値になってきます。

このようなことから、ボディビルダーの方々の体脂肪率が低く、体が浮かないことがあるため、筋トレすると、”カナズチ”になるとなるという話になったと思います。

もっと誇張した話になると
「海で溺れて死んでしまう。」

とまで言われてしまいます。

しかし安心して下さい。

確かに筋トレをすることにより、脂肪が燃焼し体脂肪率が下がることがあっても、14%前後ぐらいに落ち着くと思います。
※しっかりと筋トレしての話です。

体脂肪率10%を切ろうと思ったら、筋トレだけでなく、過酷な食事制限がまっています!

参考までに、男性では適性の体脂肪率は10%から19%のようです。

ここからはせっかくなので、他のスポーツでの体脂肪率を紹介したいと思います。

体操選手

私が昔からよく聞くのが、体操選手です。
体操選手は”カナズチ”という説です。

体操選手の体脂肪率を調べたところ、

平均は

5%程度!

確かに水に浮かなさそうです。
出発系の筋肉を使うことが多いので、速筋の発達がすごいです。

水泳選手

それでは、水泳選手はどうでしょうか?
脂肪が多いようにはみえません。

調べた結果、水泳選手の平均体脂肪率は、男子の選手で約8~12%とちょっと曖昧。

なので、
「チョー気持ちいい」
で有名な北島康介選手の全盛期の
体脂肪率が10~13%のようです。

やはりこれがぐらいが理想かもしれませんね。

野球選手

あと日本人なら誰もがしっている
元メジャーリーガーのイチロー選手の情報もありました。

現役中に球団から発表された数値によると、
7.2%!

やっぱすごいです!

さらに色々と調べていくと、面白い話がいくつかあります。

例えば、

「赤ちゃんは水に浮きやすい」

確かに、赤ちゃんには筋肉の塊というより

脂肪の塊。

ぷにぷにして気持ちよいです。

あと間違った情報で、
黒人は泳げない!

理由として上げられていたのが、脂肪が少なく、筋肉が多いから。

骨密度が高いから。

などでした。

一応、黒人の水泳選手の話をすると、

2016年のリオオリンピックで、
女性のシモーネ・アシュリー・マニュエル (Simone Ashley Manuel)さんは金メダル取ってます。

また男性でもアンソニー・ネスティ(Anthony Nesty)さんは1988年のソウルオリンピックで金メダルを取ってます。

黒人の方が泳げないという印象が強いのは、歴史的な背景があるのと、
泳ぎ方を習っていないというのが、有力な説となります。

もちろん、得意不得意は有りますが、そもそも泳ぎ方を習っていないと泳げない。

私の友人のアフリカ系アメリカ人のエドワードさんも得意ではないですが、普通に泳げます。

気になる筋肉と脂肪の関係

筋肉と脂肪では筋肉の方が重い。

比率は、


筋肉:脂肪=1.1:0.9と20%ほど筋肉の方が重いです。

分かりやすくするため、グラムに直してみます。

1,100グラムの筋肉に対して900グラムの脂肪というになります。

一般的に筋肉は体全体の22%と言われているので、20%というとそんなに差はありません。

次は大きさを比較してみましょう。


比率は筋肉:脂肪=0.8:1

と次は脂肪の方が大きいです。

これも体積に直してみます。cm3(立法センチメートル)

800cm3 と 1000cm3

そんなに変わりませんが、まー脂肪の方が大きいです。

BMIの不思議

最後に、体脂肪率とよく一緒に登場する数値にBMIというものがあります。

これは身長と体重さえわかれば、肥満であるかどうかわかるものになります。

最近は、YOUTUBERとしても有名な山本義徳(やまもと よしのり)さんですが、
身長と体重がわかったので、計算してみました。

画像引用:PR TIME
パーソナルトレーナー界の「レジェンド・オブ・レジェンド」山本義徳氏が教える 現役パーソナルトレーナーのための後継者養成プログラムいよいよ開講!より

BMI 32.4 

結果

肥満(2度) というこになりまりした!

※身長:171cm 体重:95kgで計算しております。

もちろん、山本先生が肥満なわけありません。

しかし、WHOの判定基準を参考にすると山本先生は肥満になります。

これは上記でも紹介した通り、筋肉肥大しすぎると、
脂肪より筋肉が重いのでこのような結果になります。

一般的に山本先生のようになる方は稀ですので、ある程度BMIは信用して良いと思います。

BMIの計算機を用意しておりますので、試してみて下さい。

また、Wout のブログではBMIの計算機だけでなく、その他の計算機も用意しておりますので、一通り試してみて下さい。

【アマゾンランキング1位 バーベルにもなるダンベル】

横長-スチール製ダンベル
サイト運営者情報
管理人:たもつ
「ダンベルにもなるバーベル」を販売しているWout(ワウト)、IT事業部の「たもつ」と申します。

皆様のお役にたてる、筋トレに関する情報を色々と書かせて頂いております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事