💪筋肉の固さが教えてくれること💪トレーニングとパフォーマンスの科学

Contents~目次~

筋トレしている人は、常に筋肉に張りがあり女子から触らせてほしいなどのありがたい、要望を受けることがあります。

筋肉の硬さは強さの象徴みたいなところがあります。

しかし、普段から筋肉が硬い状態というのは、健康面でどうなのか気になったことはありませんか?

そもそも筋肉は硬い?やわらかい???

そんな回答となる記事を書いていきたいと思います。

この記事では、筋肉について詳しく知ることで今後のケアの仕方が変わってきます。

その結果、パフォーマンスの良いトレーニングにも寄与します。

では始めていきましょう!

筋肉の性質について

筋肉とは、私たちの身体を動かすための重要な組織であり、日常生活のさまざまな動作に欠かせない役割を果たしています。

そのうえ、筋肉は基本的に柔らかい組織です。

しかし、力を入れたり活動を行うことで一時的に硬くなります。

これは筋肉の中のアクチンとミオシンというタンパク質が相互作用し、筋収縮を引き起こすためです。

ただ、何もしていない状態で筋肉が硬い場合、それは異常な状態を示すことがあります。

常に筋肉が硬いと感じる人は、慢性的なストレスや過剰なトレーニング、不適切な姿勢、長時間のデスクワークなど、さまざまな要因が関与している可能性が考えられます。

また、水分不足やミネラルの不足、体温の低下によっても筋肉は硬くなりやすいとされています。

分かりやすい例えとして、

お肉です。

牛肉でも豚肉でも鶏肉でも良いです。

肉と読んでいる部分は筋肉です。

そのお肉を調理する時に、カチカチですか?

やわらかいですよね。

ようは力を入れた状態が硬い状態で、お肉の状態は力を入れてないのでやわらかいのは当然です。

筋肉が硬いことのデメリット

さてここからが重要です。

筋肉が慢性的に硬い状態にあると、いくつかのデメリットが生じる可能性があります。

まず、柔軟性の低下が挙げられます。

筋肉の柔軟性が損なわれると、運動のパフォーマンスが低下しその結果、怪我のリスクが高まることが知られています。

また、血流が悪くなることで疲労物質が筋肉内に蓄積しやすくなり、筋肉痛や疲労感が強くなることもあります。

これは筋トレのパフォーマンスを上げたい人にとってもはかなり意識する必要があることになります。

筋肉が硬いことのメリット

一方で、筋肉が硬いことのメリットについてもお伝えしていきます。

以前までは筋肉が硬いことは良くない事。

の一択でした。

しかし再給の研究によっては一定のポジティブな影響が指摘されています。

それは特定のスポーツや活動では、筋肉の硬さがパフォーマンス向上に寄与する場合があります。

たとえば、短距離走のスプリンターやウェイトリフティングのアスリートにおいては、筋肉の硬さが力強い動作に必要なエネルギーを効率良く伝達するのに役立つとされています。

ただ押さえておくべきは、このようなメリットは特定の条件や状況に限られるため、一般的な筋トレ愛好家には直接的な利点としては少ないかもしれません。

対策

それでは、普段から筋肉が硬い人に対する解決方法を説明していきます。

以下の方法を組み合わせることで、筋肉の硬さを改善し、より健康な体を目指すことができます。

1. ストレッチングと柔軟性向上のトレーニング

筋肉の硬さを和らげる基本的な方法として、適切なストレッチングがあります。

特にダイナミックストレッチとスタティックストレッチを組み合わせると効果的です。

ダイナミックストレッチ: (動的ストレッチ)
運動前に行うと良いストレッチで、筋肉を徐々に動かしながら伸ばすことで血流を改善し、筋肉を活動に備えさせます。

スタティックストレッチ:(静的ストレッチ)
運動後に行うと効果的で、一定の姿勢を保持して筋肉をゆっくりと伸ばすことで、筋肉の緊張を解放し柔軟性を向上させます。

2. フォームローリング

フォームローラーを使用したセルフマイオファシャルリリースは、筋肉と筋膜(筋肉を覆っている薄い膜)の緊張を和らげるのに役立ちます。

フォームローラーを筋肉に当て、体重をかけながらゆっくりと転がすことで、筋肉内のトリガーポイントを刺激し、硬さや痛みを緩和します。

ただ個人的には硬いものであればなんでもいいです。

ボールとかでも十分代用できます。

3. 適切な水分と栄養摂取

基本中の基本ですが、筋肉の硬さは水分不足やミネラルの不足が原因であることが非常に多いです。

十分な水分を摂取しすることは重要ですが、

マグネシウムやカリウムなどのミネラルを豊富に含む食品を意識的に摂ることが重要です。

4. アクティブリカバリー

軽度の運動は血流を促進し、筋肉の回復を助けます。

運動の翌日に軽いジョギングやスイミングなど、低強度のアクティブリカバリーを行うことで、筋肉の硬さを和らげることができます。

昨日は沢山トレーニングをしたから今日は、全くやらない!

ではなく、

軽く、散歩などすることはお勧めです。

5. 専門的なマッサージや物理療法

それでも改善されない、慢性的な筋肉の硬さには、

専門的な介入が効果的です。スポーツマッサージや物理療法は筋肉の緊張を直接的に緩和し、筋肉の機能を改善します。

物理療法士やマッサージセラピストに相談することで、個々の状態に合わせた治療計画を立てることができます。

まとめ

これらの方法を適切に組み合わせて実践することで、普段から筋肉が硬い人は改善に向けて効果的なアプローチが可能です。

筋肉の硬さに対しては、個々の状態や原因に合わせた対応が必要となるため、自己判断だけでなく専門家の意見を求めることも大切です。

編集後記

筋肉の適切な理解とケアは、筋トレ効果を最大化し、怪我を防ぐために非常に重要です。筋肉は基本的に柔らかい組織ですが、活動中には一時的に硬くなることがあります。慢性的に硬い筋肉は、不適切なトレーニングや生活習慣、栄養不足が原因である場合が多く、これが柔軟性の低下や怪我のリスクを高める要因となります。

硬い筋肉を柔らかくするためには、適切なストレッチング、フォームローリング、適切な水分と栄養の摂取、アクティブリカバリーが有効です。特に、ダイナミックストレッチとスタティックストレッチを組み合わせることで、筋肉の柔軟性を向上させ、運動効果を高めることができます。また、フォームローラーを利用したセルフマイオファシャルリリースは、筋肉内のトリガーポイントを刺激し、硬さや痛みを緩和する効果があります。

さらに、適切な水分補給とミネラルの摂取は、筋肉の正常な機能を維持するために不可欠です。低強度のアクティブリカバリーも、筋肉の回復を促進し、次回のトレーニングに向けての準備を助けます。必要に応じて専門的なマッサージや物理療法の利用も考慮することが、さらなるパフォーマンス向上につながります。

筋肉に関する正しい知識と適切なケアを実践することで、筋トレの効果を向上させ、長期的な健康とパフォーマンスの維持に寄与します。筋肉の状態を常に最適に保つことは、トレーニングの成功だけでなく、全体的な身体の健康を保つ鍵となります。

【アマゾンランキング1位 バーベルにもなるダンベル】
次へ
サイト運営者情報
管理人:たもつ
「ダンベルにもなるバーベル」を販売しているWout(ワウト)、IT事業部の「たもつ」と申します。

皆様のお役にたてる、筋トレに関する情報を色々と書かせて頂いております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【完全版】プロテイン、クレアチン、BCAA、EAA、HMBを理解する。販売業者ではないからこそ書けること!初級者用
ブログ
【完全版】プロテイン、クレアチン、BCAA、EAA、HMBを理解する。販売業者ではないからこそ書けること!初級者用
筋トレ系のサプリメントいえば以下の5つは必ずといっていいほどよく聞きます。 プロテイン、クレアチン、BCAA、EAA、HMB しかしこれをし...
ブログ
マッスルアップ ギネス記録は26回
以前の記事では懸垂のギネス記録を紹介しましたが、今回はマッスルアップのギネス記録を取り上げてみます。 トニーニーに方であれば、名前ぐらいはき...
大腿四頭筋・大殿筋(だいでんきん)・ハムストリングスにアプローチ!「スクワット」
筋トレ方法
大腿四頭筋・大殿筋(だいでんきん)・ハムストリングスにアプローチ!「スクワット」
部位:大腿四頭筋・大殿筋・ハムストリングス ダンベルを使った「スクワット」のやり方 ダンベルを両手で持ち体の横で構える背筋を伸ばしたまま腰を...
音楽が筋トレの効果をあげる?筋トレに最適な曲と聞くタイミングについて解説!
ブログ
音楽が筋トレの効果をあげる?筋トレに最適な曲と聞くタイミングについて解説!
筋トレをするときに、音楽を聞きながらトレーニングを行う人は多いと思います。 実は音楽には身体にさまざまな効果をもたらし、筋トレに良い影響を与...
Wout 懸垂マシン ぶら下がり健康器 耐荷重150kg
Wout(ワウト)
Wout 懸垂マシン ぶら下がり健康器 耐荷重150kg
調整も自由自在 様々なトレーニング種目にご使用頂けます。 チンニング 背中の一番大きな筋肉である広背筋を中心に、大円筋、僧帽筋、菱形筋、三角...
ネパールの筋トレは朝?!寝起きすぐの筋トレは効果があるのか?
ブログ
ネパールの筋トレは朝?!寝起きすぐの筋トレは効果があるのか?
おはようございます!!この記事を皆さんが何時に読んでいるか分かりませんが、今日の記事の出だしは 「おはようございます!」 で始めさせてくださ...