様々なエクササイズ(ダイエット用)がある中で、水泳はものすごく効率が良いです。

その理由としては、水中で行う運動なので怪我をし難いというのもありますが、全身運動になるからだといわれています。

私自身も以前はジムのプールで泳いでいましたが、なぜか平泳ぎにめちゃめちゃハマりました。

あまりにもハマり過ぎて、平泳ぎに関する雑学が増えたのでシェアします。

筋肉も大事ですが、博識な男性も女性にはモテます。

ただあまりにも難しい内容や説明が長すぎるものは嫌われるの気を付けましょう。

ただ、平泳ぎに関すること雑学は意外とウケますw

多分、ほとんど人が平泳ぎで泳いだ経験があるので親しみもあり話を聞いてくれるんでしょうね^^

さーそれではいってみましょう

【平泳ぎのメリット】

のんびり泳げる。

これが1番ではないでしょうか!

しかしそれ以上のメリットがあります。

ずばり!

サバイバル術として使えます。

もし水害にあったとしても、平泳ぎが出来ればきっと助かります。

水害の時は水が濁っていて、水中の状態がよくわかりません。

そんな時に腕をグルングルンっと回す、クロールやバタフライは控えましょう。

また背泳ぎは前が見えなくなるで絶対にやめましょう。

背泳ぎはあなたの命を回る泳法です。

【平泳ぎ歴史】

クロール、バタフライ、平泳ぎ、背泳ぎ。

この4つの中で平泳ぎは最古の泳法と言われいます。

約9000年前に平泳ぎで泳いでいる姿を示す壁画などの記録としてあります。

恐らく本能的に泳ぎだからだと思います。

ちなみに1837年にイギリスでは世界初の水泳大会が行われようです。

そしてそれから約50年後の

第1回1896年アテネオリンピックでも水泳は競技として存在しておりました。

1906年アテネオリンピック - Wikipedia
引用元:wikipedia


ただこのころは平泳ぎという種目はなく、自由形のみです。

理由は簡単。このころは平泳ぎしかなかったんです。

それに加えこの頃の平泳ぎの方法は、みなさん水面から顔を出したまま泳いでいたのです!

しかしそこは人間の恐るべき発想力が開花!

第一回のオリンピックの後に、息継ぎを必要としない背泳ぎで泳ぐ選手が出現!

そしてなんと平泳ぎで泳ぐ選手が次々と背泳ぎの選手に負けていったのです!

伝統を重んじるヨーロピアン!納得が行きません。

これまで平泳ぎ最高!!っと言っていた人がアホみたいに天井に顔向けて泳ぐ背泳ぎに負けたことに腹をたてました。

しかしそうはいっても、アスリートの方々は早い泳法で泳ぎたい。

古参の人達は平泳ぎ最高と言ってなんとか存続させたい!このままでは平泳ぎをする人達がいなくなってします!

ということで、

1900年の第2回オリンピックで背泳ぎを独立種目とすることで平泳ぎする人口減少をストップすることに成功!

これで古参の方々も大満足でした。

ところが、1899年にクロールという新しい泳法が生み出され、またしても平泳ぎが負けてしまう事態になってしまいます。

さーここで困る方々がでてきます。歴史と伝統を重んじる古参の方々。

彼らもバカではありません。

とった対応策は、

平泳ぎがなくならないように、平泳ぎを独立した種目にすることです。

通常であれば、背泳ぎのようにクロールを追い出すのが一番ですが、

平泳ぎを独立させる方法をとったのです。

そして平泳ぎは自由形での種目ではなくなりました。

理由としては、クロールを追い出してもそのうちまた早い泳法がみつかると予想したからです。

現に、クロールの背泳ぎの方が、平泳ぎに比べて圧倒的に遅いからです。

そんなこんなもあり、1904年の第3回オリンピックから平泳ぎを独立種目となりました。

あと補足ですが、バタフライという泳法もあります。

これはもともと平泳ぎに属していました。

しかし皆さんもご存知のように、バタフライはめっちゃ早いです。

バタフライも平泳ぎも口で泳法を説明するととても似ています。

「両手を交互に動かし、水を脚で蹴って進む」

因みに、クロールの場合は、

「両手を左右に動かし、足は水面を叩きつける」

背泳ぎのは

「顔を天井を向け、両手を左右に動かし、足は水面を叩く」

さーここで困った平泳ぎ愛好家の方々は

「なんかしらんけど、バタフライは早いから独立した種目にしよう!」

どうしても平泳ぎを守りたかったんですねw

そんな愛すべき平泳ぎ!ぜひともマスターしましょう!

【キックの種類】

ヴェッジキックとウイップキックがあります。

平泳ぎで最も重要なのがキックです。

平泳ぎが苦手な方は腕の動きで前に進む人が多いですが、

7:3

ぐらいの割合で脚(キック)の方が重要だと私は考えています。

まず、ヴェッジキックですが、

ほとんど人がやっているキック方法です。

膝を開き大きく脚を回してキックするものです。

このヴェッジキックですが英語 "wedge"と書き、日本語での意味は楔(くさび)になります。

あのV字のやつです。足の動きがVの字だかららしいです。

次にウイップキック!

北島康介選手がやり出したぐらいから有名になりました。

ウィップは英語でWhip →鞭(むち)で打つ

の意味です。

脚の動きはヴェッジキックと比べ非常にコンパクトで、その名の通り

水を鞭で叩くようにして進んでいきます。

いまでは、トップのスイマーの方はウィップキックが主流です。

ただウィップキックは短所があります。

鞭のように水を叩くように進むのでスピートは出ますが、膝や股関節への負担がヴェッジキックに比べて大きいです。

早く泳ぎたい人はウィップキックをマスターしてみて下さい。

あと見た目もかっこいいです。

【世界記録】

一応最後に50m平泳ぎと自由形(クロール)の世界記録の紹介です。

〇平泳ぎ
50m平泳ぎ

タイム: 25秒95

名前: アダム・ピーティー

国:イギリス

〇自由形
50m自由形

タイム:20秒91

名前:セーザル・シエロ

国:ブラジル

【アマゾンランキング1位 バーベルにもなるダンベル】

横長-スチール製ダンベル
サイト運営者情報
管理人:たもつ
「ダンベルにもなるバーベル」を販売しているWout(ワウト)、IT事業部の「たもつ」と申します。

皆様のお役にたてる、筋トレに関する情報を色々と書かせて頂いております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事